クリニックからのおしらせ

TOP > 当院の特徴

当院の特徴

当院について

どんな科を受診したらよいのか、患者様としては迷うケースでも、適切な科を受診できるよう最新の医療事情を把握するよう努め、アドバイス及びご紹介をいたしております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

また、入院加療が必要となった時には、豊富なネットワークをもとに、患者様お一人お一人にニーズに合った専門病院をご紹介することが可能です。

在宅支援診療所として、在宅で療養する方の在宅訪問診療も行っており、安心して、在宅で療養を行っていただけるよう、病院、訪問看護ステーションと連携を取りながら診療を進めています。

当院について

予防接種について

  • インフルエンザ
  • 日本脳炎
  • 子宮頸がん
  • 麻しん風しん(MR)混合
  • 二種混合(ジフテリア、破傷風)
  • 三種混合(ジフテリア、破傷風、百日せき)
    2歳以上
  • 四種混合(ジフテリア、破傷風、百日せき、
    ポリオ)2歳以上
  • 小児用肺炎球菌(プレベナー)
  • b型インフルエンザ菌感染症(ヒブ感染症)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 水痘(みずぼうそう)
  • A型B型肝炎
  • 成人用肺炎球菌(ニューモバックス)

当院でできる検査

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

口から内視鏡を入れて、消化管の内部を観察、写真撮影、場合によっては組織を検査する装置です。食道から十二指腸までの潰瘍、がん、ポリープ、逆流性食道炎など検査、診断に使用されます。 当院には、従来の口から入れるだけの内視鏡とは違い、直径が細く、鼻から入れることができる内視鏡(経鼻内視鏡)もあります。経鼻内視鏡は経口内視鏡に比べ、嘔吐感や息苦しさなどの苦痛が少ないという利点があります。

腹部、頚部超音波画像診断装置(エコー)
超音波検査(エコー)は、高い周波数の音波を使い、体の中の状態を調べる検査です。
肝臓、胆道、膵臓、腎臓といった腹部全般から、心臓、血管、甲状腺などの検査診断に使用されます。
動脈硬化検査(ABI検査、PWV検査)
血管年齢を評価します。下肢閉塞性動脈硬化症(足の血管の動脈硬化により下肢の血流が悪くなる疾患)の診断もできます。
胸腹部レントゲン検査

X線を照射して平面撮影し、肺や腹部に異常があるか、心臓の形に異常があるか、胸腹水の有無などについて検査、診断をします。

デジタル心電計
不整脈、狭心症、心筋梗塞、心臓肥大などの診断に役立ちます。
24時間ホルター心電計
24時間心電計をモニターすることによって短時間の心電計でとらえられない狭心症の診断や不整脈の診断と管理などに有効です。つけたまま通常の生活や運動が可能です。ただしお風呂だけは入れません。
翌日来院していただいて取り外せばコンピューターで自動的に解析できます。
一酸化炭素ガス分析装置
測定当日の一酸化炭素(CO)の体内への取り込み状況が喫煙状況を反映します。禁煙治療の動機付けに有効です。
電子スパイロメーター(呼吸機能検査、肺年齢測定器)
呼吸機能を測定する装置。肺活量や一秒量(一気にどれくらい息をはきだせるか)などを測定します。ぜんそくやCOPD、肺線維症などの病気の判定をします。肺年齢も測定できます。
各種血液検査、尿検査

多項目自動血球計算装置

全自動で血液中の白血球、赤血球、血小板などを測定可能です。感染症や貧血等の検査に大変有効です。

尿化学分析装置

潜血、蛋白、ブドウ糖、ケトン体、ビリルビン、亜硝酸塩、比重、ph,白血球、ウロビリノーゲンなど10項目が同時測定可能です。
早期の腎障害のスクリーニングに役立つアルブミン/クレアチニン比も測定できます。

自動体外式,除細動器(AED)

CPR(胸骨圧迫や人工呼吸)を音声メッセージによってコーチング。
突然の心停止が発生した方への救命措置をサポートします。

SSP (低周波治療器)

東洋医学の鍼麻酔の鎮痛作用と西洋医学の電気治療の組み合わせで
実現したSSP療法器。

マイクロウェルダー(磁気加振式温熱治療器)

治療部の深部まで温熱があたえられ、磁気、振動、温熱効果の相乗作用が得られる治療器です。